(1)顧問弁護士契約のメリット



1.気軽にご相談いただけます

 「ちょっとした疑問」「大したことはない」と思っている事についても、意外に法的な問題点が潜んでいることが少なくありません。先回りして問題に対応をすることで、損害や被害を未然に防ぐことが可能になります。
 気軽に質問して頂いて、疑問・不安を解消し、安心して経営・事業を行って頂きたいと思います。
 当事務所では、顧問先のお客様から気軽にご質問頂けるよう、ご来所頂いての相談だけでなく、電話やメールでの相談も受付けています。
 特にメールでの相談は好評を頂いており、休日・夜間を問わず、気軽にお問い合わせ頂いております。

 




2.会社の信頼度がアップします

 現代の企業活動においては、法令を遵守し、社会に貢献しながら利益を上げていくという姿勢が強く求められています。
 それゆえ、コンプライアンス(法令遵守)は、今や企業活動にとって必要不可欠であり、同様に、企業における内部統制の重要性も強く意識されるようになってきています。
 顧問弁護士を確保することで、取引先や交渉相手等から、法務面に関する意識の高い企業であると評価され、取引や交渉等において有利となり得るという効果が期待できます。

 

 


 

3.契約書作成や債権回収などを任せることができます

 ビジネスでは契約書や利用規約が必要不可欠です。契約書や利用規約は、
何かあった時に会社を守ってくれる最大の武器になります。顧問弁護士は顧問先のお客様を守るために起こりうるあらゆるリスクを想定して契約書の内容確認、又は契約書の作成を行います。
 また、債権回収は自ら内容証明郵便などを作成して相手方に送付することもできますが、弁護士から届く内容証明郵便の方が、支払いに応じる可能性が高くなります
 そして、少額の債権回収案件の場合、 個別の事案ごとに弁護士に依頼すると 費用倒れになってしまうこともありますが、顧問弁護士なら顧問料金内で対応させて頂きますので、低コストで債権を回収することができます。







4.福利厚生に役立ちます

 顧問契約を締結していただいた場合、顧問契約の範囲内であれば、契約企業様の相談料はもちろん無料ですが、顧問契約を締結していただいた企業様の関連会社も、別途顧問契約を締結していただくことなく、原則として無料で法務サービスの提供を受けることが可能です。
 更に、契約企業様だけでなく、役員・従業員様やそのご家族の方の法律相談につきましても、初回は無料とさせていただいておりますので、従業員・社員の福利厚生にも役立ちます。









5.不等な要求に対する防御になります

 不当なクレーマーや暴力団等の反社会的勢力から企業を守り、その他の面でも法的な備えを万全にして企業を防衛するという意味でも、顧問弁護士の存在は重要です。 
 クレーマー対応や、怪しい会社から強引な勧誘などにあった時などは「顧問弁護士に相談する」と伝えるだけで、相手に対する牽制になります。
 それ以上しつこく連絡してこなくなることは、当事務所でも何度となく経験しているところです。